初めてでも失敗しないノベルティ制作
2020年6月24日 ハーブのノベルティはインパクトがある

ハーブのノベルティはインパクトがある

企業や店舗の広告、あるいは新商品や新規サービスの宣伝として利用されることの多いノベルティですが、受け取ってもらいやすい実用性やコストばかりを気にしてはいないでしょうか。

たしかに受け取ってもらわなければ効果がありませんし、実用性の無い物は喜ばれませんが、インパクトの観点から考えるなら、一味違ったアイテムを選ぶ必要があります。そのひとつは植物の種で、一見するとすぐに使えない物ですが、スローライフやナチュラルな暮らしを提案している企業にとっては植物を育てるというコンセプトが事業内容にマッチするでしょう。また、タグ状の紙の中に種が漉き込まれた製品を活用すれば、紙から植物が育つプロセスを楽しめるのでインパクトも大きなノベルティグッズになります。

もし、植物の種をノベルティグッズとして配布するなら、ハーブの種を選ぶのが効果的です。栽培が容易なだけでなく、種自体が小さければ紙に漉き込まれている物や、タグを差すだけで育てられるタイプの製品からも選びやすいのです。何より、ハーブは成長すれば収穫して実際に食用とすることも可能なので、できれば育てたらすぐに食べられる安全な種を選びましょう。中でもエスニック料理に欠かせないパクチーや、少量から使いやすいバジルは喜ばれるはずです。ただし、ミントは使い勝手がいい反面、非常に繁殖しやすいため、園芸に不慣れな人は地植えによるトラブルを経験する可能性があり注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *