初めてでも失敗しないノベルティ制作
2020年5月21日 ノベルティ作りは目的を定めて行う

ノベルティ作りは目的を定めて行う

従来、ノベルティは、主に企業などが新製品販売や新サービス開始に伴い宣伝のために配る品物でした。

しかし、最近ではネットから発注することで、誰でも比較的簡単にオリジナルのノベルティを作ることができるようになりました。これにより、企業だけではなく学校や同好会などで仲間内あるいは主催したイベントの来場者にオリジナルの記念品が配られることも珍しくなくなりました。ただ、手軽に作れるようになったのは良いのですが、ノベルティは目的に合わせたものを製作・配布することが重要です。

いくら簡単に発注できるとはいえ、会社の創立百周年といった節目ある記念に配る品物は、飾っていて後々まで記念となるような高級感のあるノベルティが良いでしょう。もしくは自社の社員にのみ配るというのであれば、文房具や鏡のような日用雑貨に記念のロゴを入れるなどすれば、職場でも使えて喜ばれるかもしれません。サークルなどの仲間内で一体感を出すために配る記念品なら良いのですが、外部の人に向けて配る物を作る際は特に注意が必要です。

食品メーカーであればマグカップや食器、化粧品メーカーであれば手鏡やブラシといったようにある程度自社の事業に関連性があり、イメージアップにつながる物を用意するのが得策です。さらに、配布する年齢層や性別に関しても配慮することが大事で、高齢者向けのイベントなら扇子や手ぬぐい、若者向けならスマホケースやクリーナーといったようにそれぞれの世代に喜ばれる物を選びましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *