初めてでも失敗しないノベルティ制作
2020年4月6日 ノベルティグッズの計画性

ノベルティグッズの計画性

ノベルティグッズは、配布して終わりになるものではありません。

コストをかけて制作したアイテムは、目的を達成してはじめて効果を発揮します。その目的とは会社名や団体名を知ってもらうことです。宣伝するのが商品であれば、商品名を知ってもらうことが目的となります。その他、ノベルティグッズには購入特典のグッズとしての役割もあります。コンサートやイベントの際に、特典アイテムの付与は購買意欲を高める効果もあります。このような目的を見失わずに、ターゲットとなる購買層を明確にすることがノベルティグッズの効果を高めることになります。

ノベルティグッズのターゲット層は、年齢や性別、職業などでも幅広く分類できます。20代の女性であれば、学生と主婦、そしてOLなどでグッズの必要性は異なります。また求められるデザインに関しても、年齢層によって異なるものです。自社のクライアントが何をターゲットにしているのか、先ずは明確にしておく必要があると言えます。こうしてターゲット層がはっきりすれば、ノベルティグッズをどれだけ作ればよいか明らかになるものです。

商売で使うのであれば、少数で済む場合もあります。また長く宣伝効果を狙うのであれば、一定数のグッズを作り置きしておくのが有効になります。年間に配布する分を割り出し、まとめて発注することで単価を抑えることが可能です。予算的には宣伝費の何割に留めるかも重要です。最適なアイテムを選ぶには、事前の調査をすることが肝心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *