ビットトレードはどんな仮想通貨の取引所なのか

ビットトレードは2016年に創立された比較的新しい仮想通貨の取引所ですが金融庁に2017年に登録された最近注目を集めている取引所です。

取り扱っている仮想通貨は6種類で、豊富な種類のアルトコインを取り扱っているのが特徴になります。しかし、ビットトレードは仮想通貨の購入にかかるコストは比較的高額です。

日本国内では仮想通貨を取引するときに手数料が発生しない取引所が少なくありませんが、ビットトレードでは取引金額の0.2パーセントに相当する金額が手数料として発生します。

また、アルトコインはビットトレードが直接販売するのではなく板取引をすることが可能なため、販売所と比較すると大幅にスプレッドが狭くなっているのです。

その点では有利なのですが、アルトコインの板取引が出来る他の仮想通貨の取引所と比べてみると取引手数料が多少高めとなっています。その一方で信頼性に関してはビットトレードは非常に高いです。

SNS認証や2段階認証はもちろんのこと、コールドウォレットなども利用してセキュリティ対策を行っています。

資本金は5100万円となっていて資本金が数十億円もある大手の仮想通貨の取引所と比べると資金力に不安を感じますが運営会社がFXの取引所として充分な業績がある会社です。

そして他の仮想通貨の取引所と比較して問い合わせの対応が丁寧で親切であるという意見が多いです。ただし電話では問い合わせが出来ないので注意する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です