「ビットトレード 」とは

ビットトレードとは2017年9月に金融庁から仮想通貨を扱う取引所として認可を受けた仮想通貨取引所のひとつで、FX業界では有名な老舗企業であるビットトレード株式会社が運営していることから信頼性があると評価されています。

取引が可能な通貨はビットコインやライトコインなどの6種類あり、日本国内では取り扱う取引所が少ないリップルなどのアルトコインも取り扱いもあります。

ビットトレードは仮想通貨の販売はせず全ての通貨が取引形式でやりとりが行われているのが特徴です。板取引のためアルトコインのスプレッドが狭いとう魅力がありますが、そのかわりに最高で0.7%ほどの取引手数料が発生することは覚えておきましょう。

仮想通貨の不正流出や不正ログインを防ぐためにSNS認証等の2段階認証を取り入れるなどセキュリティの面でも力を入れている取引所です。

スマートフォンに完全対応しており、複雑になりがちなチャート画面もTradingViewを採用することでり替えがスムーズに行えるようになっています。

スマートフォンでも高度なテクニカル分析ツールが簡単に利用できるため、パソコンが使用できない外出先でもタイミングを逃さずに取引を楽しむことが可能です。

デメリットとしては手数料が無料の場所もある中比較的高くなっていたり。取引量が少ないため需要と供給が釣り合わないことがあります。販売所を利用するよりも損をしてしまうこともあるので見極めが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です