違法営業する裏スロ屋の実態

パチンコ、パチスロ屋は大衆娯楽として一般的に認知されており、18歳以上であれば誰でも入店し、遊戯することができます。


しかし、営業時間やレートなど法律の定める制限の元での遊戯となりますが、この制限する法律を風俗営業取締法といいます。

裏スロ情報をお探しですか。

全てのパチンコ店はこの風営法の許可がなくては運営できませんが、この許可を得ずに運営している店舗が裏スロ屋と呼ばれる存在です。

ここでは営業時間、レート、設置機種などが通常のものから逸脱しており、風営法に抵触している状態で営業しています。

裏スロと呼ばれるスロットでは、現在では使用できない昔の機種や基盤に手を加えてギャンブル性を高めたもの、通常の数倍のレートなど違法な機種がたくさんあります。

ギャンブル依存症に陥ると一般的なパチンコ屋では欲求が満たされなくなり、こういった裏スロに手を出してしまう人もいます。
しかし、これらは違法であり警察から摘発を受ける可能性があります。

当然、その場で遊戯していた客も逮捕されます。

また、裏スロは店舗での遊戯に限らず、最近ではオンラインカジノでも裏設定の高レートギャンブルが行われていることがあります。

Girls Channelに関するご案内です。

ネット上でも逸脱したレートは違法になりますが、店舗型より警察の手が伸びにくい現状であり、利用している客もいます。どんな形にせよ、ギャンブルは深みにはまれば待っているのは破滅です。



あくまで遊戯の範囲内で生活に影響が出ないレベルで遊ぶようにすべきでしょう。